読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Can u hear the future call?

レチタティーヴォではなくアリアで。足りない語彙力で自分の大切なものについて精一杯気の向くままに記していこう、そんな自己満ブログです。

「オタク」ってなんだろう。


こんばんは。

唐突だけど、「オタク」ってなんだろう。

私にとってのオタクは、自分の為になること第一じゃなくて、好きなもの、つまりアイドルを応援することを生活の中心に置くことでした。

もちろん私1人の定義でしかないけどね。

「自分の為になること」というと語弊があるかもしれないけれど、アイドルを応援するためにバイトしたり、休みを作ったり、自主休講したり。

生きがいをそこに見出す事が私にとっての「オタク」でした。

これまでずっと、本当にずっと、そうでした。


「部活終わったら録画見れるから頑張る」
「受験終わったら少クラ見れるから頑張る」
「バイトしたら雑誌買えるから頑張る」


もちろん、頑張る理由、原動力にするのは悪くない。

悪くないけど。

部活を頑張るのは、受験を頑張るのは、バイトをするのは何のためだろう。

上達のため、これからのため、将来のため。

大事なことを見落としてしまっている気がして。


素晴らしい大学に入って。
たくさんの素敵な人たちにあって。
たくさんの素敵な授業をうけて。

自分のため、っていうことを第1の理由として。
自分の為に頑張ってるんだって自覚して。

そうして毎日を過ごしたい、そう思いました。


それは、私にとっては「オタク」から「ファン」に変わることでした。

ただのけじめと意識改革のためのオタ卒だけどね?

好きなことには変わらないし、
これからも変わらず同じようにJrさんを応援するし、行ける現場があれば行くし、雑誌が目に付けば開くだろうし、気が向けばTwitterも開くでしょう。

なにも変わらないよ。

だけど、「オタク」じゃなくて「ファン」だ、
そう自分に言い聞かせることは私にとっては凄いことで、絶大な力を持っていて。


こうすることで変われると思って。

もっと楽しくてやりがいのある毎日になるはず。


だから、わたしは、
自分の定義する「オタク」から卒業します。


おしまい。