読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Can u hear the future call?

レチタティーヴォではなくアリアで。足りない語彙力で自分の大切なものについて精一杯気の向くままに記していこう、そんな自己満ブログです。

4.8事件


こんにちは。


「4.8事件」


(わたしです)


この日、東初現場でした。

実は4年半Jrを応援してきて、合宿や受験、不運、そんなものが(それこそ)お祭り状態の忙しい中高生だったわたしは今まで東のJrの現場に行ったことがありませんでした。


忘れられないこの日のこと、ここに残しておきます。




9:00、さいたま新都心駅着。
本当に楽しみで、わくわくしてしまって。
こんな時間に到着してしまいました。
グッズ列なんてものはなくてただのグッズ広場状態。買いたいもの決めたらすぐ買える。売り場のスタッフさんたちも暇そうでした。

そんな時間に着いちゃうほど楽しみだった、ってこと。


自分の入るゲートの方にあった柱の土台部分に座って暇を潰し、大好きなフォロワーさん2人にも会い。

そして入場開始。

大した列もなくスムーズに入りました。
書いているとこのあとの気持ちを思い出して心がしんどいですが気にせずにいきましょう、、、

発見された番号、200レベル2列、バクステ正面。

最初は実感がわかなかったけど、これ相当いい席では?!

と思いながら扉の中へ。

そこで明らかにおかしい事に気が付きます。
明らかに列数がたりない。


嫌な予感を胸に下の柵までおります。
やっぱり最前で10列。

早い時間だったので場内整備の方達も何があったのか分かっておらず、「?」と言った感じ。

そのあとさまよい続け、10分後くらいに外にでろ、とアナウンス。


嫌な予感大的中。席がない。


待機組の数は300-400は軽かったんじゃないかな。
身内や友達に電話する人。
連番のお友達と話し込む人。
涙目涙声で「いやだ、、」と呟く人。

そしてきょろきょろそわそわする1人勢。
これわたし。

「後で説明入ります」「みなさん入るまで始まりません」

そんなアナウンスも諦め半分で聞いていました。


「1-9列目の席が出たこの数百人分の席が空いているとは思えない。残りは残りで埋まるようになってるはず。デジチケとは関係ない明らかな人的ミスだ。全員入れるわけがないし返金になるんだろうか。」

って未送信ツイート(下書き)にはかいてありました。

まさか13:40まで何もわからず立ち待ちぼうけになるとは、ね。


最後には待機列を当選枚数ごとに分けて待機。
1人参戦同士不安で不安で仕方なく、優しい3人の方々とお話しながら待っていました。


もし、もし何かの拍子にあの3人がこのブログを読んでいたとしたら。

ジェシー担、朝日くん担、那須くん担のお姉様方。

わたしがあの時の長妻担で長妻くんと谷村くんと同い年のチビです。

一緒に不安な時間を過ごしてくれて本当にありがとうございました(;_;)♡


不安のあまりまだFF外だった(その後FFになった)お姉様にもいきなりリプライを飛ばしたり。

そして3時間弱くらいの待機後ようやく、
席の書かれたピラピラの紙片を手に入れた(!)

もちろん最初提示された席よりはめちゃくちゃ後ろだったけれど、それでもステージ真正面で前に来ればなんとか顔も見える、個性的な手の振り方をすれば気づいて返してくれるギリギリの所。


恵まれていた、と思います。


席がなくて返金になった方もいた、と聞きます。
公演2部では開演時間を過ぎても入れてもらえなかった方がいた、とも聞きます。
入れたは入れたけど機材の後ろで何も見えなかった方もいた、とも聞きました。


ラッキーだった。
こんなんで「大変だった」なんて言えない...



でもね。


席についた瞬間安心で涙が止まらなくて。
すぐに鳴った爆音を聞いて、現れた自担を見て。

本当に涙が止まらなくて。


バカバカしいって思われるかもしれないけど、
生で見れる、会いに行ける。
それだけで充分幸せなんだ、って。

こんなバタバタで不安で大変な公演だったけど、
んーーー違うな、だったからこそ!かな、

当たり前だけど普段忘れてることを改めて認識出来ました。

もう二度と体験したくはないけど、
一夜明けて今思えば初めての現場でこんなに貴重な体験が、思いができて良かった、って思います。

会えるだけで幸せってこと、
わかってるつもりでも案外わかってないものなんだね。


これを読んだ皆さんが、
少しでも共感してくれたら嬉しいな。


公演の中身とかのことを詳しく書き始めるとキーボードをうつ指のHPが0になってしまうと思うから書きません。

そのくらい中身のあるキラキラした素晴らしい公演でした。



開演が遅れて彼らアイドルも大変だっただろうに、凄くキラキラした夢の舞台を見せてくれて本当にありがとう。



そんな素敵なジャニーズJrを、これからもひたむきに、謙虚に応援していこうと思いました。

アイドルとして輝いていてくれてありがとう。


最高の公演でした。




最後に、唐突だけど中身についてどうしても一つ書かせてください。


長妻くんハンディキーボかっこよすぎ訴訟!



おしまい。読んでくれてありがとうございました。








P.S.この公演絡みでちょいと色々ありまして。
Twitterの方おやすみしています。
すぐ戻りますが今だけドロンさせてください。