読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Can u hear the future call?

レチタティーヴォではなくアリアで。足りない語彙力で自分の大切なものについて精一杯気の向くままに記していこう、そんな自己満ブログです。

担当が決まった話。

こんばんは。

今日3/15、関西ジャニーズJr.春のSHOW合戦。
参戦してきました。

受験中いろんな現場を諦めながら、
祭りもクリエも魔女宅も全滅しながら、
お友達に誘ってもらえて、千葉からヤコバではるばる難波へやってきました。

今は帰りのヤコバ待ち。
最高すぎて頭真っ白。絶対寝れないよね。

タイトル通りの話をしようか。

関西ジャニーズJrに興味を持ってから6ヵ月目。
Funky8を見つけて4ヶ月目。

Funky8の沼に落ちて3ヶ月目。

「みんなが最高だ~」って思い続けてたった1人、担当って形で応援する人を決めることはできませんでした。

そして今日、やっぱり最初は目が足りなかった。
全体を見て、目に付いた人をみて、「誰々くん目に付くなあ、」なんて考えたりして。
そうやって見ていて2.3曲目で気づいちゃって。

明らかに1人めちゃくちゃ目につきまくる人がいる。

笑った顔も、歌ってる顔も、自分を大きく見せるダンスも、周りのJrとの絡みも、すっごい素敵で。場所が変わっても目で追ってしまうような人がいました。










それはやっぱり真鳥くんでした。








やっぱりな~、そう思う人もおるんちゃうかな。笑



わたしが一番最初にFunky8を見つけた時。
Love-tuneのMasterpieceにハマり、そこからたまたま見つけたFunky8のMasterpieceを再生した時。


そこが入口でした。


その時の入口は真鳥くんでした。
笑顔が素敵で、ダンスにリズムがあって、しなやかだけど動きが大きくて。最高に楽しそうで、真鳥くんが大きく見えて。
「この素敵な人は誰だ」「真鳥くんだ」って会話を友達としたのを覚えています。


真鳥くんが素敵な動画を見たりして。
トークもキレがあって。いつでも素敵な笑顔で。完璧っぽいのにポンコツだったりして。

知る度に好きだった。

だけど、それまで東京Jrばっか見ていたわたしには全く違う環境にいる関西Jrを応援するということがどういうことかあまりわからなくて。

どうしても不遇なところで頑張っている彼らを応援するのが怖かった。

報われないんじゃないかって、心の片隅で考えていたんだと思う。

ハマってしまったら辛いかもしれない、そう考えていたのかもしれない。ハマる勇気がなかった。



でもね、今日入って思ったんよ。



そんなん馬鹿らしい、どうでもいい。

ってさ。


そんな不安、バカバカしいよね。
なんで気づかなかったんだろうね。


こんなに幸せにしてくれる人、目も心も掴んで離してくれない人、ついていって後悔するわけないじゃんか。


帰り際、「やっぱり入り口やし、」そんな軽い気持ちで真鳥くん宛に出すことにしたファンレターの開けてあった行に殴り書きで付け加えた文章。


「これからもついて行っていいですか?」
「否、ついて行かせてください。」



と。

ついていくことにしようと思います。



わたしは、また青担になりました。笑
ああ、掛け持ちになっちゃったなあ。
今度は器用にかけ持ちできる気がするよ。

掛け持ちになる不安がありません。希望でいっぱい。


これからは真鳥くんのことももっともっとしれたらいいな。


ありがとう真鳥くん。

大好きです。