読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリア

Can U hear the future call?

「新規のくせに」

こんばんは。

Love-tune木管7重奏を書いて1日。
たくさんの方が見てくださったようで嬉しいです(最後まで行ったのだろうかそれはおいとこう。)

読んだ人ならわかるかもしれないけど、自分でも感じるどこかぎこちないかんじ。

そう、わたしらぶに関してはめっっっちゃ新規。
新規も新規。ド新規。

、、のくせに、Princeでもなく、MAGICでもキンプリでもなくLove-tuneで妄想をやったのにはもちろん意味があって。

私の好きなグループ(大雑把にいえば上に挙げたようなグループたち)はかなりキャラの棲み分け?というか個性、役割がはっきりしているグループが多いです。

その中で、この人数いるのに個性が爆発してるLove-tuneはとってもパートを選びやすかった。

そして、そうやって自分が最も深く触れてきた音楽、木管楽器という枠に彼らを当てはめようとする中で、私が彼らをどのように見てるのかを確認することができるかもしれない。

そして、パートを分けてるうちにらぶのことをいつもと違う見方だったり深く見ることができたり。

新規のくせに。
新規だからこそ。

もっと好きになれる気がして書きました。

実際、なれたよ。


受験が終わったらもっとらぶのことを追いたいなあ、って楽しみになったし、前とはまたちょっと違う見方でらぶを見れた気がする。

自分の好きなものに自分の好きなものをあてはめたりジャンルわけたりとか役割分担とか考えたりすると、なんかもっと好きになれる気がしたよ。

みんなの好きなもののなかで分類されたらぶやPrinceもみたいな。ぜひ、かいてみて。

それだけ。
新規はどうしょうも変えられないから。でも、それだけ今からたくさんのことを知れる。すごいスピードで落ちていける。

「新規のくせに」これからも図太くらぶを愛でていきます。覚悟しててね?(誰)

おやすみなさい。